Powered by Bravenet Bravenet Blog

Tuesday, December 15th 2009

11:51 PM

理学療法士及び作業療法士法はとともに誕生した資格です

特に、ケアプランや各保険請求書などの作成には、パソコンを使えると時間も短縮でき、有利だと思われます。2003年に介護保険施設での、ケアマネージャーの配置が義務付けられた時に、一時的に増加したものの、その後合格率は、低迷を続けています。複数の介護施設や介護要員のスケジュールの管理や調整なども行いますので、きちんとした几帳面な人が向いていると思われます。

ですから、養成校でしっかりと知識を習得していれば、ほとんどの人は合格できるというのが現状です。介護に関する知識や技術ももちろん必要ですが、それよりも考え方や、責任感、観察力など、介護に携わるにあたって大切なものがたくさんあります。看護師になるには、所定の看護学校を卒業し、国家試験をうけて合格しなければならないため、看護助手を長く続けていても看護師にはなれません。

しかし、それらを乗り越えてやり遂げた時の喜びは、何ものにも変えがたい達成感が味わえるということです。作業療法士も理学療法士も1965年に制定された「理学療法士及び作業療法士法」とともに誕生した資格です。

他にも、事務処理能力も重要な資質の1つだといわれています。資格取得後は、すぐに独立開業することも可能ですが、経験と実力を身につけてから開業する人が多いようです。
コンビニ バイト 
0 Comment(s).

There are no comments to this entry.