Powered by Bravenet Bravenet Blog

Tuesday, December 15th 2009

9:28 PM

はり師の国家試験合格率は、だいたい80%

公的な機関でホームヘルパーの資格を取得すると研修修了後にその団体の機関で働く義務が生じることが多いようですが、民間の場合には、そのような束縛がなく、資格取得後の進路が自由に選択できます。ですから、両方を取得して鍼灸院を開業することが可能です。はり師の国家試験合格率は、だいたい80%なので、これらの養成施設でしっかりと、はり師に必要な知識や技能を身につけていれば、ほとんどの人が合格できるといわれています。

看護師の資格には、この2つのほかに、「認定看護師」「専門看護師という資格もあり、取得するには厳しい規定があり、看護師のさらなるキャリアアップとして、目指している看護師も多いようです。また、高齢化が深刻化する中、高齢者を対象とした施設や在宅訪問栄養指導などの仕事に関する需要も高まることが予想されます。

隔物灸は、皮膚にお灸の痕を残したくない人や、皮膚が弱い人、熱刺激に過敏な人などにおすすめです。看護助手とは、名前の通り、看護師の助手であるため、主に病院で働く人が多く、ホームヘルパーは、訪問介護や介護施設などで働くことが多いので、働く職場には大きな違いがあります。

理学療法士の後を引き継いで、リハビリを行うことが多く、さらに応用的な動きができるように、作業療法によって、機能を回復します。いずれも国家資格ですが、はり師ときゅう師は同時に受験することができます。
コンビニ アルバイト 
0 Comment(s).

There are no comments to this entry.