Powered by Bravenet Bravenet Blog

Friday, October 16th 2009

12:08 AM

理学療法士

どちらもリハビリテーションを行うという点では同じですが、その仕事内容や目的は大きく異なります。理学療法士は、マッサージや温熱、電気などの物理的な治療によって、リハビリの指導や支援を行ない、日常生活に必要な基本的な動きができるようにするのが目的です。

全国に約150校以上の指定校がありますので、学校案内や資料を取り寄せ、それぞれの教育方針、履修科目はもちろん、募集定員、試験科目、学費などについて詳しく調べる必要があります。中には、働きながら、試験勉強に取り組む人も多く、夜間の専門学校に通う人もいますが、時間的な制限から、通信講座を利用しているようです。

担当患者を任されることもありますので、責任を持って取り組まなければなりません。食に関する高い専門知識や技術を持ち、消費者に対して正しい情報を提供し、食空間のコーディネートを行ったり、時には消費者からのクレームを処理することもあります。障害があるからといって、単に医学的リハビリテーションだけにとどまらず、それぞれの児童にふさわしい教育を受けさせることを目的としています。

0 Comment(s).

There are no comments to this entry.