Powered by Bravenet Bravenet Blog

Thursday, October 15th 2009

11:56 PM

「メディカルワーカー」や「メディカルケアアシスタント」

「メディカルワーカー」や「メディカルケアアシスタント」などという名前で民間団体が認定しています。講義では、福祉や介護に関する基本的な考え方や、福祉とは何か、自立の支援とはどのようなことか、などを学びます。

医療の高度化や高齢化などによって、負担は大きくなる一方であり、看護以外の業務も非常に多くなっています。お灸をするときには、きちんとツボの位置を確かめて、ピンポイントで施術しなければなりませんし、もぐさを燃焼することになりますので、危険な場合もあり、きゅう師の資格がない人では、的確なお灸ができないと思われます。

教科書などから出題される問題であり、どこがでるかわからないため、広い知識が必要です。医療秘書技能検定試験は、「医療秘書教育全国協議会」が実施している試験で、医療秘書としての専門的な知識と技能を認定するものです。医療秘書の実務におけるマナーや医学用語、法規、医療事務などの基礎知識を習得することが目的です。福祉施設や訪問介護サービスの分野のエキスパートとして、広く活躍しています。ホームヘルパーは、1997年に介護保険法が制定されたころから一般的に普及してきた職業です。 
0 Comment(s).

There are no comments to this entry.