Powered by Bravenet Bravenet Blog

Thursday, October 15th 2009

11:46 PM

ケアマネージャーの試験

ケアマネージャーの試験(介護支援専門員実務研修受講試験)には、受験資格があり、規定の国家資格を持っていて、かつ、それらの分野で5年以上・900日以上の実務経験がある人となっています。この中の「きゅう理論」以外の12科目においては、はり師の国家試験の試験科目と重複しており、同時受験する人は、どちらか一方で試験をうければ、片方では免除されることになっています。

現代の医療機関においては、なくてはならない存在として認知されており、今後もそのニーズは高まるでしょう。また、きゅう治療は、薬や手術のような西洋医学とは異なり、治療の結果がすぐには現れないことが多いので、同じ患者さんとは長く付き合うことになりますし、何度も施術しなければならないこともたくさんあります。ですから、幼稚園によっては、女性限定で採用していたり、男性幼稚園教諭には仕事の内容を制限しているところもあるということですから、よく調べてから就職を決めることをおすすめします。

しかし、ホームヘルパーの資格を持っていることは、介護福祉士になるときには、資格取得の早道として役に立つと思われ、決してムダになることはないでしょう。
ケアマネージャー協会は、「日本介護支援専門員協会」が正式名称であり、「Japan Care Manager Association」を略して「JCMA」と呼ばれています。
アパレル アルバイト
0 Comment(s).

There are no comments to this entry.