Powered by Bravenet Bravenet Blog

Thursday, October 15th 2009

10:22 PM

作業療法士を必要としている現場

作業療法士を必要としている現場としては、病院などの医療機関がほとんどであり、実際に働く作業療法士の9割は医療機関で働いていました。また、「生理学」や「保健医療統計学」などによって、科学的思考の基礎的教養を養います。勤務時間や休日、残業の有無なども重要なので自分が働けるかどうか、希望に合っているかを確かめることも大切です。

心身に障害を持つ児童に対して、年齢にあわせた知的教育や日常動作訓練、幼児教育、義務教育、職業教育などを行います。試験科目は、「医療概論(医学史を除く)」「衛生学」「公衆衛生学」「関係法規」「解剖学」「生理学病理学概論」「臨床医学総論」「臨床医学各論」「リハビリテーション医学東洋医学概論」「経絡経穴概論」「きゅう理論」「東洋医学臨床論」の13科目であり、解答は4肢択一のマークシート方式となっています。

医療事務は国家資格ではありませんので、資格がなくても働くことはできますが、実際の医療の現場では、求人をみても「有資格者」となっていたり、「実務経験者」という条件があるところも非常に多いのが現状です。
理学療法士と作業療法士は、どちらもリハビリテーションを行うという点では同じですが、仕事の内容や目指しているものが異なります。
アルバイト ラーメン
0 Comment(s).

There are no comments to this entry.